SNS集客で損してしまうポイントの一つは、第一印象!

お知らせ

SNS集客とは?

SNSとは、ここでは、

・フェイスブック
・インスタグラム
・Twitter
・You Tube
・ブログ(入るならば)

と定義します。

これらのSNSを使って、本業のお客様を集めることをSNS集客であると定義します。

集客とは、新規依頼をもらったり、アフターフォローをしたり、共感してもらったり、することをここでは指します。

SNSで簡単に回避できる損すること

SNSをしっかりがんばっているのに、なかなか集客できて来ない場合があります。

「いいね!」や「フォロワー」が増えないこともありますよね。

それらの効果を少しでもアップさせる方法の一つが、ファーストインプレッション(第一印象)を良くするというポイントです。

ファーストインプレッション(第一印象)とは、最初に表示される、見える画像や見出しのことです。

これらが良くなると、コンテンツ自体が見られる確率も上がることとなり、全体的な効果も上がってきます。

せっかく良いコンテンツを作っているのに、ファーストインプレッション(第一印象)が悪いと、コンテンツ自体が見られることが減ってしまいます。

ですので、これをアップさせることをまず第一におすすめしているというわけです。

フォロワーと見込み客が異なる

損する方法は、もう一つあります。それが、SNSのフォロワーが見込み客ではない場合です。

そもそも見込み客ではないユーザーをいくら集めても、本業の利益にはならないですよね。

よくあるのは、フェイスブックで友だちになったユーザーのほとんどが、同じ業種だったりです。

もしくは、フェイスブック広告などを打つときに、見込み客とならない層に広告を出さないように注意が必要です。

SNSは、細かいことで効果が違ってくる

最後に、SNSは、細かな点を変えることで、効果が変わってきます。

たとえば、コンテンツの順番です。文章の順番を変えることで、効果が全然変わってきます。

もしくは、ビジネスモデル自体のポジショニングをやり直したり、フォロワーの増やし方を変えるだけでも、SNS集客は変わってきます。

関連記事

特集記事

TOP