店舗ビジネスの場合、SNS集客はどうする?

お知らせ

店舗ビジネスにおいて、SNSは必須のツールとなっています。

広告を出しまくっては、利益が確保できませんし、看板や口コミなども限度があります。SNSなら、上手く使えば口コミや看板よりも、多くの人に情報を伝えられます。

またLINEアットを使えば、どのツールよりも強力にリピートを増やすことができます。

今回は、店舗集客でSNSをどう使えばよいのか?について説明していきます。

店舗ビジネスとは?

店舗ビジネスとは、ここでは飲食ビジネス(飲食店)、雑貨販売(雑貨店)、賃貸不動産店、スーパー、整体院、治療院、エステサロン、美容室などのことを言います。

店舗ビジネスは、準備、片付けなどの実務に追われることが多く、なかなか腰をすえてSNSをやることができません。

どこも同じです。

ですので、まずは、できることから投稿していきましょう。最初は、どんなことを投稿するのか? 投稿できるものは何か?

SNSとは?

SNSとは、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、You Tubeのことを言います。

店舗集客の場合、いきなりツイッターをやっても結構難しいです。

フェイスブックやインスタグラムからはじめてみるのは、いかがでしょうか?

実名で登録されているフェイスブックなら、口コミが回りやすいというメリットがあります。

店舗写真や料理写真、商品の写真などをたくさん掲載したり、うんちくを長文で書くことにも適しています。

ほかにもイベント機能やフェイスブック広告なども店舗運営するにあたって、活用できます。

フェイスブックページだけでなく、個人アカウントも集客に使えば、より効果的です。

店舗集客の場合、SNSをどう使う?

一からSNS集客するなら、まずはフォロワーを増やしましょう。フェイスブックで言うなら、いいね!ですね。「いいね!」を増やしましょう。

フォロワーが集まったら、継続的にやります。ツイッターなら、1日最低10回、フェイスブックなら1日1投稿、インスタグラムやYou Tubeも1日個、アップしていきましょう。

ちゃんと運用して1年経つと、そこそこ活用できるくらい育ってきているでしょう。

関連記事

特集記事

TOP