ソーシャルメディア別に向いている業種


つちや たけし

ソーシャルメディア別に向いている業種をご紹介いたします。

※2018年6月時点の情報でまとめています。

フェイスブック

フェイスブックは、実名登録が前提となっているため、知り合いを集客するのに向いています。

向いている業種

飲食店などのお店。語学教室、サロン、リフォーム会社、不動産会社など。

インスタグラム

インスタグラムは、ビジュアル性の高いビジネスの集客に向いています。20代や50代の層が中心ユーザーです。

向いている業種

ネイルサロン、美容室、脱毛サロン、飲食店、雑貨店など。

You Tube

You Tubeは当然、動画で集客するのに向いています。10代や20代の層が中心ですが、どの世代も満遍なくいます。

向いている業種

製造業、食品、電化製品、娯楽、リフォーム、美容室など。動画でアピールするのみ向いているビジネス全般。

ツイッター

ツイッターは、匿名性の高いウェブサービスなので、ユーザーもこっそり使っている人が多いです。また若い層が多いのも特徴です。

向いている業種

こっそり利用したい商品やサービス。娯楽性の高い雑貨。ウェブサービスなど。

ご不明な点は、下のLINEアットでも承ります。

ご不明な点などがございましたら、

お気軽にお問い合わせいただければ、

アドバイスさせていただきます。

もしくは、下のラインアットより、お問い合わせくださいませ。

ラインアットのお友達登録
↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40whj7547y

関連記事

特集記事

TOP