ホームページに掲載する「リニューアルのお知らせ」の文例、例文を紹介します。

pixta_10392750_S

ホームページをリニューアルした時、「リニューアルのお知らせ」を企業サイトなら必ず掲載するかと思います。そんな時、考えこんでしまって時間だけが過ぎていく。そんなことはありませんか?

今回は、「リニューアルのお知らせ」を掲載する際に使える文例、例文をご紹介いたします。ホームページを運営していくにあたって、リニューアルはたびたび訪れます。そんな時にお役に立てれば幸いです。

ノーマルな文例

いつも弊社のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、ウェブサイトを全面リニューアルいたしました。より見やすく、より使いやすいウェブサイトとなるよう、さらに運営を進めて参りますので、どうかよろしくお願いいたします。

主なリニューアル点は、下記のとおりです。

1、全体のデザインに統一感を出しました。

今までの色を大切にしつつ、色によるまとまりが出て、さらに分かりやすくなるよう色で統一感を出しました。

2、訪問者が利用しやすいナビゲーション

各種コンテンツが利用しやすいように、高い視認性と利便性の向上を図りました。

今後とも、分かりやすい、使いやすいウェブサイトの運営を目指し、内容の充実を図って参ります。

少し固い感じの文例

平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。この度、ウェブサイトのリニューアルを行いましたことを、ご報告致します。

この度のリニューアルでは、お客様がより使いやすいウェブサイトを目指し「新しく分かり易く」情報をお伝えできればと考えております。今後とも弊社をどうぞよろしくお願い申し上げます。

○○株式会社のウェブサイトへお越し頂き誠に有難うございます。

この度、ウェブサイトを全面的にリニューアルいたしました。情報をより分かりやすくお伝えできるウェブサイトとなるよう、レイアウトやデザインを改善いたしました。本サイトを通じて、皆様により一層楽しんで頂ければ幸いです。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

少し軽い感じの文例

このたび、○○株式会社は、情報をより分かりやすく、お届けできるようウェブサイトをリニューアルいたしました。今回のリニューアルでは、ユーザーがより利用しやすく分かりやすいサイトとなるよう、構成やデザインに工夫を重ねました。

今後とも内容の充実を図り、ユーザーの役に立つサイト運営を心がけたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

当サイトのリニューアルには、株式会社○○様にご尽力いただきました。このように素晴らしいサイトに仕上げて頂き感謝しております。この場をお借りしてお礼申し上げます。有難うございました。

pixta_6515435_S

ホームページ?ウェブサイト?

ご存知の場合は恐縮ですが、本来「ホームページ」という言葉はウェブサイトの意味ではありません。「ホームページ」とは、ブラウザにあるホームボタンと呼ばれるもののことです。

英語では、「ホームページ」とはトップページのことを指します。

日本でウェブサイトが認知され始めた頃、どうやら間違って広まったようなんですね。

さらに、「ホームページ・ビルダー」という有名なソフトが販売されまくって、さらに誤解が正しい感じで広まったと思われます。だから本来は、ウェブサイトと書かないといけませんので、上の文例ではウェブサイトと書かせていただいております。

このブログで「ホームページ」と統一しているのは、ウェブサイトと呼んでもいいのですが、「ホームページ」という名前の方が知名度は高いので、あえて「ホームページ」と書いております。

もし今後、「ウェブサイト」という名前の方が知名度が高くなったら、「ウェブサイト」と書かせていただきます。

ネット集客ノウハウを、無料で提供するメールマガジンはこちらをクリック

関連記事

特集記事

TOP