営業一人で可能なネットを使った集客方法、口コミ集客とセミナー集客について

お知らせ

2242278_2

営業一人でビジネスをやっていくのに、ネットはどう使えるのだろうか?リアルな集客方法はどうしたらいいだろうか?

営業一人だと、営業に使える時間は、ごくわずかです。そんな中でどんなことを考えられるのか?をご紹介いいたします。

営業一人でネットでできることは?

ネットとは、インターネットのことですよね。そうすると、以下のような方法が考えられます。

・メール
・LINE
・ホームページ
・ソーシャルメディア
・PPC広告
・ポータルサイトに広告を出す

これらの中で、どの集客ツールを使うにせよ、最も重要なことがあります。それは、どの集客ツールを使って、お客様に何を求めるか、どんな内容を載せるのか?です。

さらに、これらの集客ツールをすべて活用するのが一番良いのですが、営業一人だと時間に限界があります。

また、ネットだけではなく、リアル(アナログ)の集客方法もおこなっていった方が、確実に成果が上がりやすくなります。マーケティング用語で言いますと、シナジー効果というものです。

それらの事について、下記の動画では不動産会社で営業1人で集客する場合、ネットでできることを説明しています。

動画では不動産会社に焦点をあてていますが、他のビジネスにも十分応用が効く内容です。動画の中でも申し上げていましたが、集客を長期的に考えると、蓄積型の集客ツールの活用は必須となります。

蓄積型の集客ツールとは、ブログやYOU TUBEのことです。これらは営業1人で競合に対抗する場合、非常に強力が武器となると思います。

営業1人なら、より効率を重視するために、積極的にネットツールを使っていきましょう。

ネット活用以外には、リアルな集客方法も必ず取り組みます。しかし、営業1人だと、訪問や街頭ビラ、ポスティングなどを積極的にやっても効果が薄いことがあります。(企業当初は、ポスティングなどはやった方がいいこともあります)

そこで、ネットを使いながらも、いわゆるリアルな集客につながるように、地域密着型の集客を作るのです。目指すは、「相談がよく来る会社」です。

地域密着型の集客に取り組む場合、ネットはどういう風に使った良いのか?

そのことについては、下記の動画をごらんください。

動画では、2キロメートル商圏など、お店やリフォーム会社など、限られた商圏となるビジネスにおいて、どういうネット集客方法が考えられるについて説明しています。

具体的には、通常のネット集客方法では効果が薄くなるので、PPC広告で地域指定するか、フェイスブック広告を使うか、などを紹介しています。

またブログ集客においても、普通にブログを書くのではなく、地域のお店紹介などをおこなって地域のアクセスを集めるための施策に取り組みます。

メルマガやLINEで見込み客のリスト取得をおこなうことも、非常に大事となります。

これらネットの活用に取り組むだけでなく、リアルの集客方法にも取り組むことによって、シナジー効果が生まれ、より集客が上手くいくようになります。

しかし、それが理想でも、営業1人だけできることに限界があるのは、周知の通りです。そこで、お客様に集客を助けてもらえるような仕組みを作ることを考えます。

それが、セミナー集客と口コミ集客です。1つずつ説明していきます。

セミナー集客とは、勉強会やワークショップも含まれます。

集客は、単純接触効果と言うもtのがありまして、それを効果的におこなうには、効率的にお客様と接触するのがベストです。そのために、セミナー集客をおこないます。

セミナーとは、勉強会やワークショップ、ミニ展示会など、大規模なものではなく、ごく少数の人が来ていただけるタイプのものです。

たとえば、注文住宅の会社なら、「家を建てる時に役立つ勉強会」をおこなうのです。下記の動画では、そのことについて説明しています。

動画では、最初は少人数でもいいから開催し、継続して開催することによって、開催のノウハウが蓄積され、集客も上手くいくようになります。

もちろん1人でできることには限界はありますが、5人以下の少人数であれば、問題ないかと思います。

口コミ集客は、ネットも活用する

つぎに、口コミ集客ですが、リアルの口コミも良いですが、営業1人ならネットの口コミを使うのが効率的です。ネットで口コミをおこす方法については、下の動画で説明しています。

口コミ集客は、基本的にお店向けですが、地域密着ビジネスの場合は、応用をきかせれば活用できます。

動画では、店舗集客限定のネット口コミの起こし方を説明しています。ネット口コミの基本、写真を撮ってもらうコツ、おみくじ、話したくなるメニュー、プチ称号、プチ診断などを紹介しています。

1つだけに頼らずに、複数をおこなう仕組みを作る

ここまでで、集客方法として、ネット活用、口コミ集客、セミナー集客を紹介していきました。これらに、通常のリアルの集客を加えれば、確実に集客が上手くいくと思います。

問題は、時間との兼ね合いで全てができない点です。

すべてができない場合は仕方ないのですが、必ず避けたのは、1つだけしかやらないことです。集客方法は、組み合わせていくことで効果を発揮します。

1つしか効果を上げてないつもりでも、実は複数の集客ツールをやっていることで、全体が上手くいっているのが集客です。

上手く説明できないのですが、下記のようなケースが特にネット集客には起こりがちです。

動画では、ホームページで集客しているつもりが、実はチラシで集客していたケースを説明しています。つまり、チラシを止めると、お客様も止まってしまう、ということです。

住宅販売の会社ではよく起こるケースですが、他のビジネスでもよくあります。

まとめ

営業1人で可能な集客方法をご紹介いたしました。

ネット活用、セミナー集客、口コミ集客などを効果的に使い、営業1人では時間に限界がある状況でも、これらの方法を使えば確実に成果が上がると思います。

注意すべきは、時間との兼ね合いで、1日できることは当然決まっております。

できれば、自分がやるべきことをおこなって、その他は他の人にまかす環境づくりこそ、最も成果を生み出す秘訣の一つではないかと考えます。

お役に立てれば何よりです。

関連記事

特集記事

TOP