集客できるホームページ制作を3タイプに分けました

お知らせ

▼▼チャンネル登録を押すと、最新の情報を得られます。▼▼

集客できるホームページ制作とは、どういったものがあるのでしょうか。

さまざまなWeb制作会社から色んな提案があると思います。その中で最も良い物はどれだ?と思うことはありませんでしょうか?

今回は、さまざまな集客できるホームページ制作を3タイプに分け、それぞれのメリット、デメリットの紹介いたします。

1、ランディングページ

ランディングページとは、縦に長いページのことです。Yahoo!などのサイトのバナーをクリックすると、縦に長いページに行くと思います。それのことです。

ランディングページのメリットは、単品の通販に向いている点です。

1ページの中に購入に必要な全ての情報を掲載することによって、ユーザーを説得することに向いており、知名度の低い商材を販売する時などに使います。

よくある業種としては、健康食品の通販などです。

2、おしゃれなサイト

おしゃれなサイトとは、文字通り、デザイン性を重視したサイトです。画像を多用し、文字さえも画像にしてタイポグラフィを重視したサイトが多いです。

メリットは、ブランディング、イメージ訴求がしやすい点です。洗練されたイメージを訴求できるので、ブランディングがしやすくなります。

よくある業種としては、美容室やエステサロンなどです。

3、文字数が多いサイト

文字数が多いサイトとは、そのまま文字数が多く、さまざまな情報が掲載されているサイトのことです。

メリットは、集客がしやすいことでランディングページに比べて、さまざまなタイプのお客様に対してアプローチしやすい点です。お客様のさまざまなタイプというのは、お客様に心理状態に合わせたことを言います。

相談したいお客様には、相談フォーム、メールマガジンを登録したいお客様には、登録フォーム、購入したいお客様には、購入フォームやショッピングカートなどをご案内できます。

文字数が多いサイトは、おしゃなサイトに比べると、悩みを解決しやすい点、売り込みしやすい点があります。おしゃれなサイトは、お客様に洗練されたイメージ、デザイン性の高い雰囲気をご提供できますが、裏を返せばそれしかできません。

つまり、おしゃれと引き換えに、売り込みや情報提供がてきなくなっているのです。

複数のタイプを持つサイトもあります

中には、2つ、もしくは全てを兼ね揃えたサイトもあります。

例えば、大手住宅販売会社には、おしゃで文字数が多いサイトがありますし、リフォーム会社やエステサロンのサイトにも、そういう2つのタイプを兼ね揃えたサイトがあります。

ランディングページと文字数が多いサイトという2つのタイプを持つサイトもあります。つまり、この3タイプにきっちりと分けられないサイトがあるということです。

デメリットは?

デメリットは、作っただけだと、アクセス数が少ないと言うことが共通して言えます。そのためアクセスを上げる施策をおこなう必要があります。アクセスアップ方法は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、検索エンジン経由(SEO)、2つ目は、ソーシャルメディア経由、3つ目は、ネット広告(PPC広告、バナー広告など)です。この3つの方法から、業種やビジネスモデル、サイトに合せて、最も適切な方法を選択しておこなうべきでしょう。

まとめ

集客できるホームページ制作は、3タイプに分けられます。1つ目は、ランディングページ、2つ目は、おしゃれなサイト、3つ目は、文字数が多いサイト、です。それぞれメリットが異なり、合う業種も異なります。

デメリットは、共通してアクセス数が少ないことが挙げられますので、それらを考慮しながら、業者、ビジネスモデル、サイトに合せて適切なサイト制作、集客方法を選びましょう。

ご参考になれば幸いです。

関連記事

特集記事

TOP