【個人で稼ぐ】ネットを使った稼ぎ方は若い世代と年配の世代で異なる

インターネットを使って個人で稼ぐことが当たり前の時代になってきています。

稼ぐことが簡単になっていると言っても、ライバルも相当に増えていますので、昔にくらべると稼ぐ方法や難易度にばらつきがあるのは間違いありません。

これからの時代、ネットで稼ぐには、いかに高速でPDCAを回せるかにかかっています。

あとは、ネットの知識やスキルをどれくらい早く吸収できるのか、どれくらい速さで行動できるのか、にかかっています。

以前にTwitterで下のツイートをしました。

年配の方も、若い方も、 ネットで稼げるのは事実 高速PDCAが必要なのも事実 ネットを知識をどれくらいの期間で吸収できるのか どれくらいの期間で行動できるのか これまでの経験やスキルがものを言う

これらのことを踏まえて、今回はネットで稼ぐいろいろな方法の効果ややり方、リスクなどを紹介していきます。

↓今回のブログ記事を動画でサクッと視聴!↓

ネットで稼げるようになった背景には、テレビからインターネットに広告予算が移ってきていることがあります。

インターネットの広告費は、おもにリスティング広告、SNS広告、アドネットワーク広告、アフィリエイト広告に流れています。

個人で稼ぐことに、広告費がなぜ関係あるのか?と言いますと、個人が稼げる方法は、おもにアフィリエイトとなります。

アフィリエイトは、ある商品を紹介し、それが購入されることで、収益が発生するモデルです。

広告費が増えると、このアフィリエイトで稼げる額も増えて行っていると推測されます。

つまり、個人で稼げる額が時代の流れとともに増えて行っているというわけです。

他にも、広告予算は関係なく、個人で稼ぐ方法には、FXやデイトレードなどの金融系、ネットショップ運営、動画編集などの制作請負などもあります。

これらも時代が変わったことによって、

  • ・動画のニーズの高まり
  • ・金融をネットで扱うことが普通になってきた
  • ・ネットショップが安く出店できるようになった

など世の中が変わってきたことに起因されます。

稼ぐ方法の向き不向きは、年代によって異なります。

以前にTwitterで下のツイートをしました。

新しい技術や制作請負は、若い世代が有利 これまでの経験を活かすビジネスは、年配の世代が有利 ネットも、リアルも、 動かすのは人の心、感情。 作業を大量におこない経験を重ねたら、頭を使う、経験がものを言う世界

稼ぐ方法は、若い世代に有利な方法と、年配の世代に有利な方法があります。若い世代に有利な方法は、膨大な作業がともなう方法です。

たとえば、ブログを書いたり、制作請負をしたり、新しいSNSツールをやったりする方法です。これらは基本的に若い世代に向いています。

年配の世代に向いている方法は、これまで培った経験を活かす方法です。

たとえば、

求人や人脈を使うビジネスです。いろんな人に顔が広いことはビジネスに有利に働く点の一つだと思います。

またネットを使ってもリーチしない方を対象にしたビジネスなどです。それらも年配の人に向いているビジネスが多いと考えます。

これらは、実名でやり取りができるフェイスブックなどのSNSやホームページやブログでビジネス系の情報を発信することで可能となります。

アフィリエイトなどをそれらと合わせてやることで、収益がさらに増えます。

ネットで稼ぐ方法のリスクとは、どんなものがあるでしょうか。

リスクもある

ネットを稼ぐ方法のリスクとは、

  • ・最初は利益が出ない
  • ・SEOは難易度が上がってきている
  • ・制作請負は、年配には不利
  • ・ビジネスブログは、未経験者には不利

などがあります。

それぞれ説明していきます。

最初は利益が出ない

ほとんどのビジネスがそうかもしれませんが、立ち上げ当初は利益が出ません。利益が出ない時期を乗り越えて、利益が出るようになっていきます。

それは、ネットも同じです。最初が利益がほとんど出ないです。

これは、ブログアフィリエイトでもYou Tubeでも、その他も同じ感じです。(もちろん例外もあります)

逆に言いますと、最初だけ利益が出ないと言い換えられます。

SEOは難易度が上がってきている

今は2019年5月ですが、数年前にくらべて本当にSEOの難易度が上がってきています。特にアフィリエイト関連のキーワードで上位表示させるのは、素人では至難の技です。

ビジネス集客のキーワードはまだまだ空きがありますので、ビジネスブログはまだまだ大丈夫です。

制作請負は、年配には不利

制作請負は、若い世代に有利となっています。リスクとしては、営業が上手くいくかどうかです。最初は、クラウドソーシングなどで経験を重ねるか、営業パートナーを見つけましょう。

年配の方には、ネットの制作請負は不利になります。できれば、営業パートナーのほうのポジションをとられることをおすすめします。

ビジネスブログは、未経験者には不利

ビジネスブログとは、ビジネス集客のためのブログのことです。ブログだけで稼ぐことに重きをおくのではなく、本業のための集客にブログを使うのが狙いです。

本業のための集客となりますと、ブログに書く内容は、ビジネス分野の専門的な内容となります。

それらはほぼ素人に書けない内容となることがあります。

未経験者ではそれらの内容を書くことができず、また人脈から得られた情報を公開することで、ビジネスアピールの場として使うこともできます。

ビジネスブログの場合、ブログだけで直接の収益が増えるわけではないので、アフィリエイト広告やアドセンス広告は副業的な使い方となります。

ネットで販売できる自社商品を持っていると、さらに有利です。

まとめ

今回は、ネットを使った色々な個人の稼ぎ方をご紹介しました。

45歳以上のリストラなど、雇用環境がさらに厳しくなる時代です。

副業をやることで自分のスキルや実績を重ね、いざというときの選択肢を幅広く持てるようしておくことが、これからの時代には必要ではないか。

そう考えます。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。

関連記事

特集記事

TOP