Twitterツイッターをビジネスで使うには、どう考えればいい?

▼▼チャンネル登録を押すと、最新の情報を得られます。▼▼

Twitter(ツイッター)をビジネスで使おうとしている人は、それほど多くいないと言う印象があります。

ほとんどの人は、Twitter(ツイッター)を普通に使っています。

中には、Twitter(ツイッター)を使って大量のフォロワーを集めて、アフィリエイトなどをやっているアカウントも見かけますが、全体からしますと、ごくごく少数な印象を受けます。

そんな中でTwitter(ツイッター)をビジネスで使うには、どんなことを考えたらいいのか?

・「ツイッターは、フォローしまくって、フォロワーを増やさないと駄目」

・「フォローを増やすのは簡単。すぐに2000人くらいなら集められる」

などの意見をよく耳にしますが、はたしてどう理解したら良いのか?

それらについて、弊社の実績をもとに、どうやったらツイッターを使えるのか?についてご紹介いたします。

Twitter(ツイッター)のユーザー層は?

10〜20代の男女がメインの層ではないかと思います。それは、色んなネットメディアや専門家の意見を聞いても、そう思います。

また、Twitter(ツイッター)の使い方としては、下記の4つに分けられます。

Twitter(ツイッター)は、どういう使い方をされているか?

下記の4つに分けられます。

見るだけ派
仲間内派
ビジネス派
普通派

1、見るだけ派

タイムラインを見るだけの使い方です。つぶやきは一切せず、タイムラインを見て、情報を収集することに徹する使い方です。

たまには、リツイートしてくれます。

2、仲間内派

仲間内でツイッターをしています。他の人はほとんどの無視に近い情報です。

以前のニュースレターで問題のある行動をした写真を撮り、ツイッターにアップしたことが取り上げられました。

これは、この使い方の思想が、大きくなっていったのではないかと思います。この2つの使い方は、併用されることがよくあります。

仲間同士では頻繁にやり取りしているが、全く知らない赤の他人、たとえば芸能人などには、見るだけ派に徹する人が結構いると思われます。

3、ビジネス派

この使い方の人は、タイムラインをほとんど見ていません。

理由は、自分のお客様を集めるためにTwitter(ツイッター)をしているので、お客様から流れてくるつぶやきは読んでいないことが多いのです。

あと、BOT(ぼっと)と呼ばれる自動化ツールを使って自動でフォローやつぶやきをしている方もいます。

つまり、この使い方の人に、いくらフォローしてもらっても全く意味がないというわけです。

4、普通派

この使い方は、普通にツイッターをしている人、ここでは芸能人などもこの使い方に含まれます。

ほとんどフォローしてもらえない時代になった

以前は、普通にツイッターをしていれば、フォロワーは少しずつ増えていった。今は、少々つぶやいても、フォロワーが増えない時代になっています。

以前は、皆さんTwitter(ツイッター)熱があり、多くの人をフォローしていったのですが、フォローを数多くしても、すべてのつぶやきが見られないということが分かり、フォローをなかなかしなくなったという経緯があります。

ちなみにフォロー数が100〜200人くらいが、すべてのつぶやきが見られる限界値だと思います。

これは、人によってもちろん異なります。

ものすごい大量にフォロワーがいる人は?

ほとんどの人が、芸能人、有名人で、ツイッター以外のところで有名な人がほとんどです。

ツイッターのフォロワー数ランキングを見ますと、上位500人くらいは、ほとんど芸能人、有名人です。

フォロワー2000人くらい簡単に増やせるよ、という人は?

このような事をおっしゃる人は、相互フォローによってフォロワー数を増やしていると思われます。

相互フォローをおこなうと、簡単にフォロワー数は増やせるからです。

フォロー数とフォロワー数との関係

普通の人が普通にツイッターをやっていると、下のようになると思います。

フォロー数  フォロワー数
200    100

数字は仮です。普通にツイッターをやっていたら、こんな感じになります。これではビジネスでは使えません。

一方、簡単にフォロワー数は増やせると言う人は、下のようになっていると思われます。

フォロー数  フォロワー数
2000   2000

これは、相互フォローをやっていると思われます。相互フォローとは、お互いにフォローし合おうという暗黙の使い方で、自分がフォローしてみて、相手からフォローしてもらえなければ、自分のフォローははずすというものです。

相互フォローは、ビジネス上の目的でやるので、ほとんどが前述の「ビジネス派」という使い方だと推察されます。

ビジネス派は、ほとんどがお客様になりませんので、相互フォローでいくら数を増やしたとしても、ほとんど役に立たないというわけです。

最後ですが、フォロワー数の方が多いというのが集客においては理想です。

フォロー数  フォロワー数
200    2000

このようにフォロワー数が多い状態というのが理想で、フォロワー数からフォロー数を引いた数が、ツイッターアカウントの実力を計る指標の一つになると思います。

フォロー数を増やさないで、フォロワー数をどう増やすか?

タイムラインを見てくれて、なおかつリツイートをしてくれる人に対して、働きかけるにはどうしたらいいのか?

前述の「見るだけ派」「普通派」の2つに対して、働きかけるのが一番です。

それには、営業の新規開拓のつもりで、活動するのがポイントです。

営業活動と考えれば、ツイッター以外のツールに、ツイッターアカウントを掲載してフォローしてもらえるように呼びかけることも良いでしょう。

たとえば、名刺、メールの署名、カタログ、チラシ、フェイスブックのプロフィール、ウェブサイトの紹介欄などですね。

リツイートでフォロワー数を増やすこともできます。リツイートをしてもらえるように、つぶやくのです。

これはツイッターの基本ですが、やり方しだいでは、今でも通用するやり方で、毎日こつこつとフォロワーを増やすこともできますし、つぶやく内容によっては、一気に増やすこともできます。

まとめ

ツイッターをビジネスで使うには、どう考えたらいいのか?について説明いたしました。

見るだけ派、仲間内派、ビジネス派、普通派と使い方を4つに分けて、これらの使い方のなかで、見るだけ派と普通派に、リツイートしてもらえるように、つぶやくことがTwitter(ツイッター)の基本的な使い方です。

相互フォローをすれば、フォロワー数は2000を超えるくらい簡単に集まります。

ただし、相互フォローによって集めたフォロワーは、ビジネス目的の使い方ですので、ほとんどタイムラインを見ていません。

ツイッターをビジネスで使えるようにするには、しっかりとアカウントを育てる気持ちで、こつこつとリツイートしてもらえるような、つぶやきを作ることが重要ですね。

関連記事

特集記事

TOP