コンサルタントという肩書きは、どういう時に使うか

お知らせ

コンサルタント言う肩書きは、どういう時に使ったら良いのか?について考えてみたいと思います。

以前のコンサルタントの意味は?

以前から使われてきたコンサルタントという肩書きは、どういう風に使われていたのか?

たとえば、

  • ・経営コンサルタント
  • ・戦略コンサルタント
  • ・中小企業を応援するコンサルタント

などと使われていました。

経営コンサルタントは、会社の経営全般を相談できるコンサルタントです。

大手企業に勤めていた役員さんが退職したあと、個人やもしくは数人で設立するコンサルティング企業でよく使われています。

戦略コンサルタントは、商品の販売戦略やプロモーション戦略などをブランディングなどを含めた戦略を一から立案するコンサルタントのことです。

あとは、中小企業を顧客にするコンサルタントさんがいました。

最近のコンサルタントの意味は広がってきています

上の意味に加えて、インターネットを使ったオンラインツールで、会わずにコンサルティングができため、個人コンサルが容易となりました。

その影響もあり、中小企業の社長さんに実務をアドバイスするコンサルタントや、個人の起業をサポートするコンサルタントさんなどもいらっしゃいます。

これらのコンサルタントさんに支払う費用は、以前のコンサルタントさんよりも、比較的安くなっているケースが多く、これはネットを使ったツールの台頭のおかげと言えるでしょう。

コンサルタントという肩書きは、ほどんどどんなときでも使える

コンサルタントという肩書きを使わない業種はほとんどないと言えると思います。

たとえば、先生業の場合は、わざわざコンサルタントという肩書きを使わない場合が多いです。

ビジネス関係のご相談が発生する職業の場合は、ほとんどコンサルタントという肩書きを使われる人が多いと思います。

コンサルタントという名称を使わない

ひとり社長向けのコンサルティングをされる場合は、下のような名称を使うことがあります。

・セラピスト
・プランナー
・プロデューサー
・塾長
・専門家

これらの名称以外にもたくさん肩書きがありますが、コンサルタントという言葉を使わず、他の肩書きを使う場合が多くなってきています。

コンサルタントという言葉は、イメージが固定化されているので、他の肩書きを使うことが最近では多くなっているようです。

まとめ

今回は、コンサルタントという肩書きを使う時について、考えてみました。

コンサルタント言う言葉を使わずに、同じような価値をクライアントに提供したり、昔にくらべて意味の定義が広がったりしています。

これからは、肩書きで差別化するために、コンサルタント以外の言葉を使ってコンサルティング業務をおこなうことがどんどん増えていくかと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです。

関連記事

特集記事

TOP