You Tubeの再生回数を増やすなら、動画の概要、説明をしっかり書く

You Tubeは、再生回数を増やすことで、いろんな良いことが待っています。

たとえば、収益化やブランディング、集客などにも活用できます。

今回は、You Tubeの再生回数を増やす方法として、動画の説明をしっかり書こうと言う!ことをご紹介します。

まずは、You Tubeの再生回数を増やすべき理由をご紹介します。

↓動画でサクッと理解するならこちら↓

You Tubeの再生回数を増やすべき?

そもそもYou Tubeで集客したいなら、再生回数を増やすべきです。

よくYou Tubeチャンネルのパワーを比較する指標として、チャンネル登録者数をくらべます。

チャンネル登録者数を比べることで、どれくらい力の差があるのか?が分かるからです。

しかし、チャンネル登録者の数は直接、集客力に直結するかと言いますと、そうではありません。

集客力に直結する指標は、再生回数です。

再生回数は、良い指標の一つです。

再生回数が増えれば、集客やブランディングや収益につながりますが、チャンネル登録者数が多くても再生されないケースがあります。

もちろん再生時間やグッドの数なども集客や収益の効果を測定する際には、指標の一つにつながるかと思いますが、再生回数はそれらを増やす根本的なものです。

再生回数が増えないと、グッドの数や再生時間も増えていかないでしょう。

では再生回数を増やすには、どうすればいいでしょうか。

再生回数を増やすポイント

ここでは、You Tubeのアルゴリズムに影響を与えている、再生回数を増やす基本的なポイントを挙げてみます。

そもそもYou Tubeの再生回数を伸ばすには、

  • ・動画のタイトル
  • ・動画内容の魅力
  • ・動画の概要欄
  • ・チャンネル登録されている動画の本数?
  • ・継続期間?
  • ・再生回数?

などを改善することがよく言われています。

とりわけ、動画内容のクオリティを上げることは、You Tube本社からのアドバイスでも説明されています。

また、動画の概要欄の充実も同じです。こちらも動画の内容やタイトルと同じく重要です。

私のYou Tubeチャンネルにおいて、概要欄に各動画の説明を文章で追加したほうが再生回数が伸びた経験がたくさんあります。

根本的には、魅力ある動画をアップすることが一番大事だと思いますが、やはりできるかぎり概要に動画の説明文を入れることもやったほうがいいかなと考えます。

この他にタイトルや再生時間、グッドの数なども、再生回数を増やすことに関連しているのでは?と推測されます。

特に、タイトルと再生回数です。

タイトルと再生回数

タイトルに検索結果に引っかかってほしい言葉を入れると、結構な確率で上位表示されやすくなります。

また、再生回数が増えれば増えるほど、さらに再生回数が伸びるようになっているのでは?と推測できます。

もちろん動画内容が良いから再生回数が増えていくのですが、さらに再生回数を増やしていくにあたっては、これらのことを頭に入れておくのが良いかと思います。

それでは概要欄には、どんなことを書けばいいのでしょうか。

概要にはどんなことを書けば?

概要には、動画の説明、どんな動画なのか?が書いてあると、良いと言われています。

概要に、文章を掲載するのと掲載しないのでは、大きく再生回数が異なる場合がありますので、ほとんどのYou Tuberは、掲載しているようです。

ほかに概要に載せておく内容を、考えてみましょう

ほかに載せておきたいこと

動画の説明以外に、概要に載せておきたい内容は、下のとおりです。

  • ・SNSへのリンク
  • ・動画に関連したページURL
  • ・オフィシャルサイトへのリンク

SNSへのリンクとは、TwitterやInstagramなどのことですね。良い動画だとクリックされることが多くなり、フォロワーやいいね!が増えるようになります。

動画に関連したページURLを載せておくと、関連した動画が再生されたあとに、関連動画として再生されることが多くなります。

最後にオフィシャルサイトへのリンクです。こちらも忘れずに貼っておきましょう。

まとめ

今回は、You Tubeの再生回数をふやすために、動画の概要や説明をしっかり書く意味、目的をご紹介しました。

参考になれば嬉しいです^^

ネット集客ノウハウを、無料で提供するメールマガジンはこちらをクリック

関連記事

特集記事

TOP