メールとチャットツールの違い

お知らせ

メールとチャットツールの違いって、ご存知ですか? 改めて考えてみると、あまり分からないですよね。

今回は、そのメールとチャットツールの違いについて説明しています。

メールとは?

メールとは、メールアドレスに対してメールを送り合う仕組みのことです。メールアドレスとメールサーバーというサーバーを使います。

チャットツールとは?

メッセンジャーのことを言います。基本的にチャットツールとメッセンジャは同じものと考えても良いと思います。

チャットツールは、メールサーバー介さず、アプリやチャットサービスのなかでやり取りをおこなっているので、メールよりも早くやり取りが可能です。

代表的なツールには、スカイプ、LINE、フェイスブックのメッセンジャー、チャットワーク、Wechatなどがあります。

手軽に使うならチャットツール

すばやく手軽にやり取りをおこなうなら、チャットツール、つまりメッセンジャーのほうですね。

現在は、メッセンジャー全盛の時代で、一般にはメールでのやり取りは減ってきています。メール見なくまっていますよね?

プライベートは、メッセンジャー、つまりチャットツールを使っていて、仕事でメールを使っている業界や地域がまだまだ残っていますが、メールが使われなくなっていくのは時間の問題でしょう。

FAXのように、特定の業界や業種、地域で使われてはいくと思いますが、全体的にはメッセンジャーに取って代わられるのではないでしょうか。

関連記事

特集記事

TOP