ランチが連日満席!天満橋のカフェダイニング

飲食店は、立地によって集客方法が異なります

駅前立地や、人通りの多い通りの路面店でしたら、A型看板の一つで解決してしまいます。

ビルの2階や3階、もしくは、人通りの少ない住宅街などは、A型看板を設置したり、インターネットを使ったり、チラシ配布を考えたり、さまざまなアイデアで集客します。

長期的に安定した経営を目指すなら、半径200メートル圏内にいる人をいかに集客できるか、リピート率をいかに高めるか、を考えます。

新規の集客数をアップさせるには、店舗集客は限界があるからです。

今回は、近隣の人に来ていただくことに成功した、カフェダイニングのインターネットと看板を使った、集客事例です。

ご要望

・新規のお客様を増やしたい
・夜のお客様を増やしたい

実施内容

・フェイスブック・ブログ・ホームページの勉強会
・フェイスブック集客サポート
更新しやすくお店のコンセプトが分かりやすいホームページの作成
・店舗外観に書きかえられる黒板型の看板の設置
ランチ客を増やす、A型看板の設置

勉強会では、「SEOに強いブログの書き方」「インスタグラムの運用方法」「効果的なフェイスブックの使い方」など基本的なことをお伝えしました。

更新頻度を多くして、ホームページのアクセス数を増やすことで、どんなきっかけでも集客できる案をご提出いたしました。

ランチ客を増やすため、遠くからでも目立つようなA型看板を設置しました。またランチの魅力が伝わるよう、店舗入り口に詳細を記しました

弊社からのご提案

周辺のライバル店調査をおこない、その結果をもとに、お店が有利となるよう、推しメニュー提案、看板作成を考えました

その後、ホームページを作り、ブログとフェイスブック、インスタグラムを使って情報発信を継続していくことをご提案いたしました。

実施後の結果

看板を設置してすぐに、「ランチ時は、1階も2階も満席になった!」と言っていただきました。

連日、満席が続いたころには、計画通り2階を貸し切りでご予約いただくお客様が増え、1階のカウンターは常連のお客様がいらっしゃり、2階は貸切りやテーブル客のお客様で占めるようになりました。

3ヶ月を過ぎたころには、ホームページのアクセス数も増えて、ホームページを見て来店される方も増えたと言っていただきました。

今後は、お時間のある時にブログやフェイスブックで情報を発信し、毎月新しいメニューなど更新することで、さらなる集客力の強化をご提案いたしました。

ネット集客ノウハウを、無料で提供するメールマガジンはこちらをクリック

関連記事

特集記事

TOP