ホームページが表示されない時に、チェックする6つのこと

携帯電話を扱う女性

ホームページを作るというのは、どういう手順でしょうか。

まずデザインを作ります。そして、画像を作りつつ、htmlファイルを作るコーディングという作業をします。それができたら、サーバーとドメインを手配、契約や設定を行い、完成したhtmlファイルと画像を、FTPツールでサーバーにアップロードしたら完成です。

これらの全ての作業が間違っていると表示されません。

今まで問題なく映ってたのに、ある日突然表示されなくなってしまった。ウェブ担当者は辞めてしまっていない、というような時、新しくウェブ担当者を探す前に、何とか対応できないだろうか。

というような時、ひとまず原因だけでも掴むために、ホームページが表示されない時の、チェックポイントと表示されない理由をご紹介いたします。

htmlファイルがアップロードされていない

FTPツールが一時的に上手く動かなくて、htmlファイルがちゃんとアップロードされていない場合があります。サーバー内を確認し、希望どおりの場所にhtmlファイルがあるかどうか確認してみましょう。

画像がアップロードされていない

画像がFTPツールが一時的に上手く働かなくてアップロードされていない時があります。希望どおり画像がサーバー内にアップロードされているか確認してみましょう。また画像ファイルの拡張子が違うために表示されないこともあります。gifファイルとjpgファイル、PNGファイルなどがあります。

ドメインのネームサーバーの設定がなされていない

ドメイン会社のコントロールパネルにログインし、ネームサーバーの設定が希望どおりなっているか確認しましょう。ネームサーバーの設定の反映は、サーバーとドメインによって、数時間から、72時間までかかる場合があります。またネームサーバーのDNS設定が間違っている場合も上手く表示されません。

サーバーの設定がうまいこといっていない

サーバーを申し込むだけでなく、サーバーにドメインの登録をしないといけません。ドメインの登録は、サーバーのコントロールパネルより、行います。サーバーの設定は、サーバー会社でドメイン取得している場合は、結構簡単に設定できますが、ドメイン取得が別会社の場合は、結構ややこしいです。

ブラウザにキャッシュが残っていて表示されない

少ないですが、お使いのパソコンのブラウザにキャッシュが残っている場合、表示されないことがあります。この場合、更新ボタンを押せば表示されるようになります。

ただ、中には更新ボタンを押してもキャッシュがクリアされないこともあります。その際は、ブラウザのキャッシュや閲覧履歴、クッキーなどを消去できる設定ページに行って消去するか、ブラウザを変えるか、してみてください。

URLが間違っている

URLが間違っている時があります。正しいURLを入力しているかどうか確認してみてください。URLは、wwwあり、wwwなしのどちらか一方しか表示されない設定になっている時がホームページによってはあります。

まとめ

ホームページの表示されない理由、代表的な6つを挙げました。どれも基本的な事かもしれませんが、結構うっかりして抜けていたりするものです。この他にも表示されない理由はありますが、まずはこの6つを確認してみて、それでも表示されない場合は、以下もご確認ください。

1、PHPなどのプログラムが作動していない
2、.htaccessの設定が上手くいってない
3、スマホ対応(レスポンシブ)の設定がおかしい

これら以外もあると思いますので、あくまでも参考の一つとしてお役に立てれば幸いです。

関連記事

特集記事

TOP